/

競泳の星が引退表明 五輪2大会連続の銅メダル

引退表明の記者会見で笑顔を見せる競泳女子の星奈津美(4日、東京都内)=共同

2012年ロンドン五輪と今夏のリオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートルバタフライで2大会連続の銅メダルに輝いた星奈津美(26)=ミズノ=が4日、東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。「競泳は自分自身そのもの。夢を持っていろいろなことを経験できた」とすがすがしい表情で語った。

今後は所属先にアシスタントコーチとして残る。思い出のレースにリオ五輪の決勝を挙げ「今までで一番長く感じた。最後のひとかきまで力を込めて、出し切ってタッチできた」と語った。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるバセドー病を抱えながら活躍を続け、五輪、世界選手権とも3大会連続で出場。昨年の世界選手権では日本女子で史上初の優勝を果たした。2年前から指導した平井伯昌コーチも同席し「強さと純粋さを持った選手。穏やかな性格だけど、勝負根性もあった」とねぎらった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン