/

中村匠吾、21年2月のびわ湖毎日出場へ マラソン五輪代表

東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(富士通)が15日、オンラインで取材に応じ、来年2月のびわ湖毎日マラソンに出場する意向を明らかにした。自身初マラソンだった2018年大会は日本勢トップの7位。「初心に戻るという気持ちで臨み、今度は優勝したい」と意気込んだ。

オンライン取材に応じる東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(15日)=共同

五輪のマラソンコース(札幌)を活用した来年5月のテスト大会への参加も前向きに検討しているという。

新型コロナウイルスの影響で実戦の機会が限られた今年は国内で練習に力を入れ「当初取り組みたかったトレーニングの8~9割くらいができている」と手応えを感じる様子。現在は来年元日の全日本実業団対抗駅伝に向けた合宿中で、「来年は五輪イヤーとして大事な年になる。スタミナとスピードを両立させて、駅伝とマラソンにつなげたい」と決意を語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン