/

慶大と関大が決勝進出 明治神宮野球・大学の部

明治神宮野球大会第5日は19日、神宮球場で大学の部の準決勝が行われ、慶大(東京六大学)と関大(関西1)が20日の決勝に進んだ。慶大は19年ぶり4度目、関大は47年ぶり2度目の優勝が懸かる。

城西国際大戦の1回、慶大・中村健が先頭打者本塁打を放つ。投手舘(19日、神宮)=共同

慶大は中村健の先頭打者本塁打などで優位に進め、城西国際大(関東1)を6-1で下した。関大は延長十回タイブレークの末、東海大(関東2)を8-7で振り切った。

高校の部は20日の決勝で高崎健康福祉大高崎(関東)と中京大中京(東海)が対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン