/

阪神、1軍スタッフが新たにコロナ陽性 濃厚接触者はなし

プロ野球阪神は29日、1軍のチームスタッフ1人が新型コロナウイルス感染を調べる検査を受け、新たに陽性判定が検出されたと発表した。浜地真澄投手(22)の感染が判明して以降、チーム内での陽性は5選手を含む計8人となった。濃厚接触者はいないと判定されたため、予定通りチームの活動を続ける。

球団によるとスタッフは27日まで東京・神宮球場で行われたヤクルト戦に同行し、28日は兵庫県西宮市の甲子園球場での投手練習に参加した。29日朝に発熱や喉の軽い違和感、関節痛の症状があり、同市内の病院で受けた検査で判明。同日中に入院した。

球団では他に陽川尚将(29)、糸原健斗(27)の両内野手、岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)の両投手、1軍チームスタッフ2人の感染が確認されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン