プロ野球

阪神、1軍スタッフが新たにコロナ陽性 濃厚接触者はなし

2020/9/29 18:19
保存
共有
印刷
その他

プロ野球阪神は29日、1軍のチームスタッフ1人が新型コロナウイルス感染を調べる検査を受け、新たに陽性判定が検出されたと発表した。浜地真澄投手(22)の感染が判明して以降、チーム内での陽性は5選手を含む計8人となった。濃厚接触者はいないと判定されたため、予定通りチームの活動を続ける。

球団によるとスタッフは27日まで東京・神宮球場で行われたヤクルト戦に同行し、28日は兵庫県西宮市の甲子園球場での投手練習に参加した。29日朝に発熱や喉の軽い違和感、関節痛の症状があり、同市内の病院で受けた検査で判明。同日中に入院した。

球団では他に陽川尚将(29)、糸原健斗(27)の両内野手、岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)の両投手、1軍チームスタッフ2人の感染が確認されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 パ・リーグは25日、首位ソフトバンクが7―2で西武に勝って2位以上が確定し、7年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。2位ロッテがオリックスに10―1で勝ったため、優勝へのマジックナンバ …続き (16:54)

 ヤクルトは25日、東京都内の球団事務所で、26日のドラフト会議に向けた最終の会議を開き、早大の早川隆久投手を1位指名することを決めた。高津臣吾監督は「うちは投手が補強ポイント。先発で強い球が投げられ …続き (15:13)

 ソフトバンクの永井智浩球団統括本部編成・育成部長兼スカウト室長は25日、オンライン取材に応じ、26日のドラフト会議で近大の佐藤輝明内野手を1位指名することを明言した。関西学生リーグの新リーグでの通算 …続き (15:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]