2018年9月21日(金)

フィギュア

フィギュア羽生、話題性など3部門でトップ 平昌五輪調査

2018/3/13 21:35
保存
共有
印刷
その他

 産業能率大スポーツマネジメント研究所は13日、平昌冬季五輪の日本代表に関する調査結果を発表し、フィギュアスケート男子で2連覇した羽生結弦(ANA)が満足度、印象度、話題性の3部門でトップだった。

 知名度が最も上昇した選手は、カーリング女子で銅メダルに輝いたLS北見のスキップ、藤沢五月。最も印象に残った海外選手は、「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場し、フィギュアスケート女子で金メダルを獲得した15歳のアリーナ・ザギトワだった。

 開幕前に20~60代の男女1万人に選手の注目度、認知度などを聞き、その中の千人を対象として閉幕後に追跡調査を実施した。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

オータム・クラシックの公式練習で調整する樋口新葉(19日、オークビル)=共同

 【オークビル(カナダ)=共同】フィギュアスケートのオータム・クラシックは20日(日本時間21日)、カナダのオークビルで開幕する。同日にショートプログラム(SP)が行われる女子は、世界選手権2位の樋口 …続き (20日 11:56)

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは15日、ソルトレークシティーで行われ、平昌冬季五輪代表で女子ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)はフリーも133.70点で1位となり …続き (16日 14:06)

 フィギュアスケートのロンバルディア杯は15日、イタリアのベルガモで行われ、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が172.05点をマークし、合計276.20点で今季初戦 …続き (16日 0:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]