2019年1月19日(土)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

女性騎手の負担重量を永久減量、19年3月から JRA
騎乗機会を拡大

2018/11/20 19:15
保存
共有
印刷
その他

日本中央競馬会(JRA)は20日、女性騎手の騎乗機会拡大を図るため、女性騎手に対する負担重量(馬が背負う騎手、鞍などの総重量)の減量制度を、2019年3月1日から導入すると発表した。

藤田菜七子騎手が新規ファン獲得に貢献している=共同

藤田菜七子騎手が新規ファン獲得に貢献している=共同

現在、免許取得後5年未満の騎手には勝ち数に応じて負担重量の減量(最大3キロ)が適用されるが、男女差はない。新制度では、女性騎手は50勝以下は4キロ減、51勝から100勝までは3キロ減、免許取得後5年以上か101勝以上でも2キロ減と、永続的に減量対象となる。重量を含む特別競走では適用されない。

JRAでは2016年にデビューした藤田菜七子騎手(21)が新規ファン獲得に貢献している。同騎手は通算49勝(地方含む)を挙げ、現行の減量制度ではあと2勝で今の2キロ減から1キロ減に。しかし、新制度では21年春までか、51~100勝まではデビュー当時と同じ3キロ減、それ以降も2キロ減で騎乗できる。

また20日の経営委員会は、19年度の収支予算総額(一般勘定)案を18年度比1.3%増の約2兆9280億円にすることを議決した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第59回京成杯(14日・中山11R2000メートル芝12頭、G3)4番人気のラストドラフト(クリストフ・ルメール騎乗)が2分1秒2で優勝し、デビューから2連勝で重賞初勝利を挙げた。
 好スタートから2 …続き (14日 17:05)

 第66回日経新春杯(13日・京都11R2400メートル芝16頭、G2)1番人気のグローリーヴェイズ(M・デムーロ騎乗)が2分26秒2で優勝した。
 グローリーヴェイズは最後の直線で鋭く抜け出した。1/ …続き (13日 18:04)

 12日、中山競馬場で行われた第11レース、フェアリーステークス(G3)に出走したアマーティ(3歳牝馬、武井亮厩舎)が、16着で入線後に急性心不全を発症し、急死した。〔共同〕
…続き (12日 21:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]