2019年3月24日(日)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

女性騎手の負担重量を永久減量、19年3月から JRA
騎乗機会を拡大

2018/11/20 19:15
保存
共有
印刷
その他

日本中央競馬会(JRA)は20日、女性騎手の騎乗機会拡大を図るため、女性騎手に対する負担重量(馬が背負う騎手、鞍などの総重量)の減量制度を、2019年3月1日から導入すると発表した。

藤田菜七子騎手が新規ファン獲得に貢献している=共同

藤田菜七子騎手が新規ファン獲得に貢献している=共同

現在、免許取得後5年未満の騎手には勝ち数に応じて負担重量の減量(最大3キロ)が適用されるが、男女差はない。新制度では、女性騎手は50勝以下は4キロ減、51勝から100勝までは3キロ減、免許取得後5年以上か101勝以上でも2キロ減と、永続的に減量対象となる。重量を含む特別競走では適用されない。

JRAでは2016年にデビューした藤田菜七子騎手(21)が新規ファン獲得に貢献している。同騎手は通算49勝(地方含む)を挙げ、現行の減量制度ではあと2勝で今の2キロ減から1キロ減に。しかし、新制度では21年春までか、51~100勝まではデビュー当時と同じ3キロ減、それ以降も2キロ減で騎乗できる。

また20日の経営委員会は、19年度の収支予算総額(一般勘定)案を18年度比1.3%増の約2兆9280億円にすることを議決した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第66回毎日杯(23日・阪神11R1800メートル芝13頭、G3)3番人気のランスオブプラーナ(松山弘平騎乗)が1分47秒2で優勝、重賞初勝利を飾った。
 ランスオブプラーナは好スタートで先頭に立つと …続き (23日 17:20)

 第67回日経賞(23日・中山11R2500メートル芝12頭、G2)3番人気のメイショウテッコン(武豊騎乗)が2分34秒2で優勝し、重賞2勝目を挙げた。
 好スタートから逃げたメイショウテッコンが最後の …続き (23日 17:20)

 第49回高松宮記念(24日・中京11R1200メートル芝18頭、G1)枠順が22日に決まり、スプリント王ロードカナロアを父に持ち、京阪杯、シルクロードステークスと連勝中のダノンスマッシュは(7)枠1 …続き (22日 10:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]