2018年12月11日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、冬巡業合流に慎重姿勢 練習は非公開で行う

2018/12/4 16:56
保存
共有
印刷
その他

右膝痛で大相撲九州場所を途中休場した横綱稀勢の里は4日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での稽古を非公開で行い、不参加中の冬巡業への途中合流について「もう少し(時間が)欲しいという感じです」と慎重な姿勢を示した。

部屋関係者によると、稽古では四股などの基本運動で汗を流したという。2日に始まった冬巡業は22日まで実施される。

稀勢の里は九州場所初日に右膝を負傷し、5日目から休場。全治1カ月の休業加療を要すると診断されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 右膝痛で大相撲九州場所を途中休場した横綱稀勢の里は10日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での稽古を非公開で行い、部屋関係者によると四股などで汗を流したという。東京での稽古再開から1週間が経過した稀勢の …続き (10日 19:55)

 日本相撲協会は8日、大相撲の冬巡業先で元幕内貴ノ岩が付け人を暴行した問題を受け、各部屋の師匠全員を通じて全関取に、付け人についての緊急指導を行うと発表した。「付け人は関取の小間使いではない」「絶対に …続き (8日 22:41)

 大相撲の冬巡業先で付け人に暴力を振るった問題で7日に引退した元幕内貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身=が所属した東京都台東区の千賀ノ浦部屋で8日、朝稽古が行われ、被害者の弟弟 …続き (8日 19:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]