/

タカマツ、奥原らを選出 来年のバドミントン日本代表

日本バドミントン協会は13日、来年の日本代表を発表し、世界のトップ選手が集まるスーパーシリーズを中心に派遣するA代表に、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組、シングルス銅メダルの奥原希望(いずれも日本ユニシス)ら女子12人、男子11人を選出した。

違法カジノに入店したことを告白して、春から強化選手を外れていた男子シングルスの西本拳太(中大)が復帰。リオ五輪男子ダブルス8強の遠藤大由は、19歳の渡辺勇大(ともに日本ユニシス)との新しいペアで選ばれた。B代表に男子シングルスの奈良岡功大(青森・浪岡中)らが選ばれた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン