/

西武・川越「主力との練習勉強に」 定位置獲得へ充実

西武の川越誠司外野手は定位置獲得へ向け、チームの主力打者から勉強する日々を送っている。山川穂高内野手、森友哉捕手と連日、メットライフドームで自主練習に励んでおり「練習量が多くてきついけど、本当に勉強になることばかり」と充実した表情で語った。

打撃練習をする西武の川越(28日、メットライフドーム)=球団提供・共同

28日は3人で順番にノックを打つなどして約3時間、練習した。プロには投手で入ったが、打力を買われて昨季から野手に転向。まだ1軍出場はないが、今季はここまで実戦で好結果を残し、開幕1軍入りが有力となっている。

練習以外は外出を控え、手洗い、うがいも徹底している。27日には「自分で焼きそばをつくって食べた」と自炊にも取り組んでいる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン