/

ソフトバンク千賀、焦らず体づくり 四球癖の改善誓う

ソフトバンクの千賀滉大投手が19日、自主練習を行っている沖縄県宮古島市からオンラインで取材に応じ、2月の春季キャンプへ向け「体はしっかりつくる。とにかくけがをしないようにと意識している」と、焦らずにじっくりと調整する考えを明かした。

昨季は最多勝など3タイトルに輝いたが、右前腕の張りで開幕は出遅れたため「今年は1年間ちゃんと回りたい」と決意を示す。投球では「いらないフォアボールが圧倒的に多いので、見直さないといけない」と、昨季57四球を与えた制球の改善を課題に挙げた。

練習には阪神の浜地真澄、中日の梅津晃大ら他球団の若手投手も参加しているが「刺激としては正直物足りない。もっと貪欲に向かっていって良いのに」と、育成からエースに上り詰めた自負をにじませた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン