/

西武の栗山、炭谷、渡辺が残留 FA権行使せず

西武の栗山巧外野手、炭谷銀仁朗捕手、渡辺直人内野手の3選手が27日、フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。栗山は1年契約で、来季も主将を務める。炭谷は来季から2年契約で、渡辺は1年契約。

海外FA権を持つ栗山は「ライオンズが大好きなので出て行く理由がない」と話した。今季海外FA権を取得した炭谷は「去年言ったこのチームで優勝する、ということをしていないので」と、国内FA権を行使しなかった昨年と同じ理由を挙げた。今季国内FA権を取得した渡辺は「戦力として取ってもらって救ってくれた恩を感じている。それに応えるために、日本一への力になりたい」と意気込みを語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン