/

新日鉄釜石と神戸製鋼がOB戦 新設のW杯会場で

ラグビーの新日鉄釜石と神戸製鋼のOB戦の開催を発表し記念撮影する松尾雄治氏(左)ら(5日午後、東京都新宿区)=共同

ラグビーの日本選手権でともに7連覇の実績を誇る新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)と神戸製鋼によるOB戦が、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場で唯一新設される釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)で8月19日に行われるオープニングイベントの一環として開催されることが5日、発表された。

新日鉄釜石は松尾雄治氏、神戸製鋼は元木由記雄氏ら元日本代表勢が出場する。東京都内で記者会見した松尾氏は「(震災からの)復興やW杯の成功を祈って心を一つにしてやりたい」と語った。

当日は釜石シーウェイブスとトップリーグのヤマハ発動機による試合も行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン