/

大坂が5年連続2回戦へ 内山は惜敗、全米テニス開幕

【ニューヨーク=共同】テニスの四大大会、全米オープンは8月31日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開幕し、女子シングルスで2018年大会覇者の第4シード、大坂なおみ(日清食品)が1回戦で世界ランキング81位の土居美咲(ミキハウス)を6-2、5-7、6-2で下し、5年連続で初戦を突破した。2回戦でカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。

女子シングルス1回戦 土居美咲と対戦する大坂なおみ(8月31日、ニューヨーク)=AP

16歳のコリ・ガウフ(米国)は初戦で姿を消した。第1シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)は順当に勝った。

男子シングルス1回戦で世界86位の内山靖崇(積水化学)は第20シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-4、3-6、6-1、3-6、3-6で逆転負けした。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードのステファノス・シチパス(ギリシャ)は2回戦に進んだ。

8月のツアー再開後初めての四大大会となり、無観客で実施される。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン