プロ野球

FA福田、ロッテに移籍 ソフトバンク残留せず

2019/11/26 16:46
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)権を行使した福田秀平外野手(30)が26日、福岡市内の球団事務所に退団のあいさつに訪れ、ロッテへ移籍することを明かした。「すごく悩んだ1カ月だった。(ロッテは)スピードがある選手が多い。しっかり争って勝ち抜けるように頑張りたい」と話した。

ソフトバンクの球団事務所を訪れ、王球団会長(右)と握手する福田秀平外野手(26日、ヤフオクドーム)=共同

ソフトバンクの球団事務所を訪れ、王球団会長(右)と握手する福田秀平外野手(26日、ヤフオクドーム)=共同

権利を行使した上での残留を認めていたソフトバンクを含め、西武、中日など6球団と交渉していた。ロッテは4年総額4億円以上の条件を提示したとみられ、美馬学投手に続き、今オフ2人目のFA選手獲得となった。松本尚樹球団本部長は「うれしさと驚きがある。ロッテという球団も選んでもらえるようになった」と喜びを口にした。

福田は横浜市出身で、東京・多摩大聖ケ丘高から2007年に高校生ドラフト1巡目で入団。内外野を守れる俊足の左打者で、今季は80試合に出場して打率2割5分9厘、ともに自己最高となる9本塁打、26打点をマークした。指導を受けた元ソフトバンクの鳥越裕介ヘッド兼内野守備コーチの存在もロッテ入りの決断を後押ししたという。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトは23日、東京都内の球団事務所でスタッフ会議を開いてキャンプの1、2軍メンバーを決め、右肘に軽い炎症があるドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(石川・星稜高)は、宮崎県西都市での2軍でスタートす …続き (23日 19:08)

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が23日、ヤフオクドームで契約更改交渉し、5千万円増の年俸4億5千万円プラス出来高払いで今季から新たに2年契約を結んだ。4年契約の最終年だった昨季は5年連続でレギュラーシ …続き (23日 17:19)

打撃練習をするロッテ・福田秀(23日、福岡県糸島市)=共同

 ロッテにフリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクから移籍した福田秀平外野手が23日、福岡県糸島市で練習を公開し、「新人の気持ちでいるが、自分も今年で31歳。体のコンディションを考え、張り切 …続き (23日 16:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]