/

日本ハム・近藤「打率4割狙う」 試合数削減で

日本ハムの近藤健介外野手が12日、史上初のシーズン打率4割を見据えた。オンラインでの取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今季の試合数が削減されることで「単純に考えると試合数は少ないほうが達成できると思う。まだ試合もやっていないので感覚も分からないが、狙えるんであれば狙いたい」と意欲を示した。

昨季まで2年連続で打率3割をクリア。2017年は故障で離脱するまでの50試合で打率4割7厘を記録し、最終的に57試合で4割1分3厘だった。セ、パ両リーグが6月後半の公式戦開幕を目指すことになり「早く開幕したい気持ちもあったし、目標が一つできたので練習にも身が入る」と気持ちを高めた。

オールスター戦は史上初めて中止となった。昨季まで3年連続で選出されており「球団の垣根を越えて応援してもらえる唯一のチャンスだったので悲しい」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン