/

九重部屋で新たに5人陽性 コロナ感染者14人に

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は19日、初場所全休となっている九重部屋で、新たに5人(幕下以下力士4人と行司1人)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。同部屋の感染者は師匠の九重親方(元大関千代大海)も含めて計14人となった。

九重部屋は初場所直前に幕内千代翔馬(モンゴル出身)、十両千代鳳(鹿児島県出身)ら4力士の感染が判明。芝田山部長は「一つの部屋で収まっているし、場所への影響はない」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン