/

日本ハム、金子獲得を発表 オリックスから自由契約

日本ハムは4日、オリックスから自由契約となった金子千尋投手(35)と契約合意に達したと発表した。早ければ10日に札幌市内で入団記者会見を行う。チームは今季10勝を挙げたマルティネスと残留交渉を続けているが、自由契約となって去就は流動的で、通算120勝の金子を獲得し、投手陣を強化した。

残留を希望し、再契約を認める方針だったオリックスの長村裕之球団本部長は、日本ハムの吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)から電話連絡を受けたとし「残ってほしいという気持ちで交渉していたが、本人が決めること。しっかり金子投手に次ぐ選手をつくっていきたい」と語った。

金子は4年契約の最終年だった今季、17試合に登板して4勝7敗、防御率3.87に終わり、今季年俸の6億円から野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える5億円減とみられる大幅な減俸を提示されてオリックスを退団した。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン