/

バレー栗原恵が引退発表 五輪2大会代表、10日記者会見

栗原恵=共同

バレーボール女子で2004年アテネ、08年北京両五輪代表のアタッカー栗原恵(34)が4日、自身のブログで引退を発表した。「17年間の現役生活にピリオドを打つことを決めた」などとつづった。10日に東京都内で記者会見する。

広島県出身の栗原は長身を生かした鋭いスパイクを武器に、山口・三田尻女高(現誠英高)在学中から日本代表で活躍。同学年の大山加奈さんとの「メグカナ」コンビで人気を集めた。ブログには「決して順風満帆とはいかなかったかもしれない。しかし、どんなときも信じて味方でいてくださる皆さんの存在が私の大きな原動力だった」などと記した。

NECやパイオニア、ロシアのチームなどでもプレー。18~19年シーズンはJTに所属し、5月31日付で退部していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン