/

鶴竜、11月場所出場に不安 稽古のペース上がらず

大相撲で2場所連続休場中の横綱鶴竜は3日、東京都墨田区の陸奥部屋で四股などの基礎運動で調整し、相撲は取らなかった。稽古のペースが上がらず、11月場所(8日初日・両国国技館)への出場が不安視される。「あまりできてない。いつもやっていたことと比べると足りない」と明かした。

初日まで1週間を切って相撲が取れない状態は、過去にあまりないという。ここ6場所で5場所休場と精彩を欠き、師匠の陸奥親方(元大関霧島)に進退を懸ける覚悟を求められた。「出た時に結果を出さなきゃいけない。8番でいいやとかは駄目」と厳しい状況を自覚している。

入門時から在籍し、師匠の急逝で昨秋に閉鎖となった井筒部屋の建物がこのほど取り壊されることが判明。モンゴルから来日後に生活した思い出の地で、最近も一人で稽古場を見に行った。「寂しい限り。(土俵に)座っていれば、涙も出てくる」と感慨に浸った。

35歳で苦境に立ち、先代井筒親方(元関脇逆鉾)の激励がよぎるという。「こう言っただろうなとか思うことはある。自分が生きている以上、その記憶はなくなることはない」とかみしめた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン