/

川井梨「五輪しか見えない」 レスリング代表合宿

レスリングの東京五輪代表らが31日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで年越し合宿を公開し、五輪2連覇を目指す女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は「(2020年は)五輪しか見えない。(試合の)8月までのことしか考えてない」と意気込みを語った。

レスリング東京五輪代表らの合宿で練習する、女子57キロ級の川井梨紗子(31日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター)=共同

五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)との激しい代表争いを制して五輪切符を手にした。「去年(18年)の今ごろは(伊調に敗れ)このまま辞めようかと思っていた。こうして五輪に向けてやっているのはうれしい」と改めて成長を実感した。

男子グレコローマンスタイル60キロ級で19年世界選手権金メダルの文田健一郎(ミキハウス)は「きっちり金メダルを取りたい」と話し、18年世界王者で男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(山梨学院大)は「日の丸を背負って出るのでしっかり頑張らないといけない」と気持ちを新たにした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン