/

大谷翔平、5回4失点で3季ぶり勝利 打撃は2安打2打点

レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場した大谷=共同

【アーリントン=共同】米大リーグは26日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場し、5回を3安打4失点、9三振3四死球で3季ぶりに勝ち投手となった。2018年10月の右肘手術後初勝利。試合は9-4だった。

レンジャーズ戦の5回、ギャロを三振に仕留め、雄たけびを上げるエンゼルス・大谷(26日、アーリントン)=共同

投打同時のプレーは4日に続いてメジャー2度目。一回に3ランなどで4失点したが、二回には2点適時二塁打を放った。その後投手では三回途中から5者連続三振を奪うなど立ち直った。打者でも3打数2安打2打点、3得点で1四球1三振と活躍した。

25日にはメジャー最多に並ぶ7号本塁打。記録専門会社によると、本塁打でメジャートップの選手による先発登板は1921年6月13日のベーブ・ルース(ヤンキース)以来となった。

レイズの筒香はアスレチックス戦で1-2の九回から一塁守備に就き、直後に安打を放った。チームはそのまま敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン