/

武豊騎手が骨折 復帰は5月以降か

日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手(52)が23日までに、京都市内の病院での精密検査の結果、右足第2、第3、第4中足骨骨折の診断を受けたと自身の公式サイトで公表した。「春のG1という大事な時期でご迷惑をおかけしますが、早い時期に復帰できるように頑張るのみです。5月ごろにはと、勝手に目標を立てています」と心境を明かした。

武騎手は20日の阪神第10レースの発馬機内で馬が暴れた際に負傷。同日全レース終了後、競馬場内で右足部靱帯損傷と診断され、21日の騎乗を取りやめていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン