その他スポーツ

SC軽井沢ク、新体制を発表 両角友佑は新チーム結成へ

2018/10/2 13:04
保存
共有
印刷
その他

カーリング男子で平昌冬季五輪に出場したSC軽井沢クは2日、今季の新体制を発表し、ただ一人残った山口剛史を中心に、新たに3人を加えて活動する。昨季終了後に方向性を巡って解散。司令塔のスキップだった両角友佑は当面所属チームはなく、来季以降に向けて新チーム結成を目指す。弟の両角公佑は今季は2016年日本選手権2位のチーム東京でプレーする。

平昌五輪の主力メンバーだった清水徹郎は既に退団し、コンサドーレに加入している。五輪で控えだった平田洸介は新チームで活動している。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

IPCのクレーブン会長(当時)とスポンサー契約を交わしたトヨタ自動車の豊田章男社長(左)(2015年11月)

 米国の4大スポーツ、アメリカンフットボールの頂上決戦スーパーボウル。2018年2月4日、イーグルスがペイトリオッツの連覇を阻んだ大一番のテレビ中継で、試合の合間に流れたあるCMが大きな反響を呼んだ。 …続き (20:00)

 陸上男子円盤投げで30歳の堤雄司(群馬綜合ガードシステム)が、27日に東京都内で行われた国士舘大競技会で、日本新記録となる62メートル59をマークした。従来の記録は湯上剛輝(トヨタ自動車)が2018 …続き (28日 21:34)

 日本卓球協会は28日、東京都内で理事会を開き、既に決まっている男女各3人の東京五輪代表について、来夏までの五輪開催を前提に、そのまま変更しないとする強化本部の報告を了承した。代表選手は、男子が張本智 …続き (28日 20:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]