/

ソフトバンク和田、高校先輩の梨田氏の回復祈る

通算234セーブを誇るソフトバンクのデニス・サファテ投手が、完全復活へ開幕までの猶予を有効活用している。14日はペイペイドームで非公開の自主練習に参加し約100メートルの遠投や、ウエートトレーニングなどで追い込んだ。オンラインの取材で「体の強さを取り戻せた。自分にとってはいい期間」と話した。

2018年4月に右股関節を手術。昨季は状態が上がらず公式戦の登板はなかった。今季は6年ぶりに春季キャンプ初日から合流。オープン戦や練習試合で好投を続けてきた。「(プロ野球記録の54セーブを挙げた)2017年の感覚に近いくらいに状態はよくなっている」と自信を見せた。

和田毅投手はキャッチボールなどで軽めに調整。楽天などの監督を務めた島根・浜田高の先輩、梨田昌孝氏が新型コロナウイルスに感染し、入院が続いている。「必ず良くなってまたペイペイドームにも来ていただけると、それだけを信じています」とエールを送った。〔共同〕

自主練習を終え、オンラインでの取材に応じるソフトバンク・和田(14日、ペイペイドーム)=球団提供・共同

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン