/

スノボ女子HPで松本遥奈6位、冨田せな8位

平昌五輪

女子ハーフパイプ決勝を終え、笑顔で記念撮影する6位の松本遥奈(左)と8位の冨田せな(13日、平昌)=共同

平昌冬季五輪のスノーボード女子ハーフパイプ(HP)決勝で、ともに五輪初出場の日本勢は24歳の松本遥奈(クルーズ)が70.00点で6位、18歳の冨田せな(新潟・開志国際高)は65.25点で8位と、そろって入賞した。17歳のクロエ・キム(米国)が98.25点で初優勝した。

決勝は12人が3本ずつ滑り、3本のうち最も高い得点で競った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン