/

独立リーグ新球団の大分、監督に元巨人・広田氏

大分県を拠点とするプロ野球独立リーグの新球団、大分B―リングスは1日、巨人などで投手として活躍した広田浩章氏(56)が初代監督に就任すると発表した。大分市で記者会見した広田氏は「野球を通じて少しでも社会に貢献し、地元に愛される球団をつくっていきたい」と述べた。

プロ野球独立リーグの新球団、大分B―リングスの監督に就任する広田浩章氏=左(1日、大分市)=共同

広田氏は1986年に巨人に入団し、2000年に引退するまで通算342試合に登板し29勝を挙げた。

新球団は九州独立プロ野球機構に参入し、来年3月に開幕予定のリーグ戦で熊本の球団などと対戦する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン