スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ベイカー茉秋、右脚負傷で柔道GS欠場 代表入り厳しく

2019/2/19 15:22
保存
共有
印刷
その他

全日本柔道連盟は19日、2016年リオデジャネイロ五輪男子90キロ級覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)が右ハムストリング(太もも裏)肉離れのため、22~24日のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会(ドイツ)を欠場すると発表した。

1月下旬の稽古中に負傷し、今月18日に3週間の安静、加療を要すると診断された。GSデュッセルドルフ大会は主要国際大会で、世界選手権(8~9月・東京)の代表選考会の一つ。日本代表の首脳陣が対外国人選手への成績を重視する中での欠場により、ベイカーは代表入りへ厳しい状況となる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 プロボクシングの興行再開後、初のタイトルマッチとなる2試合(東京・後楽園ホール)の前日計量が15日に行われ、2012年ロンドン五輪銅メダリストで東洋太平洋フェザー級チャンピオンの清水聡、日本スーパー …続き (15日 18:30)

五輪代表が決まっていない男子66キロ級で競り合う丸山(左)と阿部(2019年の柔道グランドスラム大阪同級決勝)

 全日本柔道連盟の中里壮也専務理事は13日、オンラインで報道陣の取材に応じ、東京五輪代表が決まっていない男子66キロ級の最終選考会となるグランドスラム東京大会(12月11~13日)が中止となった場合、 …続き (13日 19:51)

強化合宿を開始したテコンドーの東京五輪代表。左から2人目は浜田真由(13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター)=全日本テコンドー協会提供・共同

 テコンドーの東京五輪代表男女4選手が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を開始した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の予定から約4カ月遅れとなり、女子57キロ級の …続き (13日 19:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]