スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元関脇安美錦が引退 関取在位1位「未練はない」

2019/7/16 13:25
保存
共有
印刷
その他

大相撲の元関脇で西十両11枚目の安美錦(40)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が名古屋場所10日目の16日、引退することが決まった。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が明らかにした。関係者によると、今後は年寄「安治川」を襲名し、後進を指導する見通し。

現役引退を表明した安美錦(16日、名古屋市)=共同

現役引退を表明した安美錦(16日、名古屋市)=共同

関取最年長の安美錦は名古屋場所2日目の8日に右膝の古傷を悪化させて3日目から休場。その後は再出場せず、9月の秋場所での幕下転落が確実となっていた。名古屋場所では魁皇と並んで史上1位の関取在位117場所だった。

安美錦は名古屋市瑞穂区の伊勢ケ浜部屋で「勝ち越しが消えて、気持ちも消えた。勝負をするために土俵に上がってきた。初めて今後のことを考えた。未練はない」とすっきりとした表情で話した。14日に師匠に引退を申し出たという。

伊勢ケ浜親方は「ここまでやったんだから本人が納得すればそれでいい。けがと向き合い、しっかり稽古をして長く相撲を取った。よく頑張った」とねぎらった。

青森県出身の安美錦は鰺ケ沢高から入門し、1997年初場所で初土俵。まわしを取って頭をつけるなど技巧派で鳴らし、2000年名古屋場所で新入幕、07年秋場所では新関脇に昇進した。

03年初場所8日目には横綱貴乃花を破り、貴乃花の現役最後の相手となったことでも知られる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

関取との稽古を再開した正代(手前右)。手前左は豊山(25日、東京都墨田区の時津風部屋)=共同

 大相撲の関脇正代が25日、報道陣の代表質問に電話で応じ、7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向けて関取との稽古を再開したと明らかにした。東京都墨田区の時津風部屋で幕内豊山と10番ほど取り「一日の …続き (25日 18:06)

 大相撲の関脇御嶽海が24日、報道陣の質問に電話で応じ、3場所ぶりの三役復帰となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向け、新型コロナウイルスの影響で自粛となっている出稽古の早期解禁を希望した。
  …続き (24日 17:45)

 大相撲の大関貴景勝が23日、報道陣の質問に日本相撲協会を通じて回答し、相撲を取る稽古を同日に再開したと明らかにした。2度目のかど番となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)へ向け「久しぶりなのでけ …続き (23日 18:47)

ハイライト・スポーツ

[PR]