プロ野球

ロッテ佐々木朗希、シート打撃で160キロ 「いい球が行った」

2020/5/26 15:54
保存
共有
印刷
その他

ロッテのドラフト1位新人の佐々木朗希投手が26日、ZOZOマリンスタジアムで行われた練習で初めて実戦形式のシート打撃に登板し、160キロを2度記録した。打者3人と対戦し、菅野に本塁打を浴びたものの、藤岡と福田光は空振り三振に仕留めた。オンライン取材で「指にかかっていい球が行ったと思う」と手応えを示した。

シート打撃に初登板し、最速160キロをマークしたロッテ・佐々木朗(26日、ZOZOマリン)=球団提供・共同

シート打撃に初登板し、最速160キロをマークしたロッテ・佐々木朗(26日、ZOZOマリン)=球団提供・共同

2ボール1ストライクから菅野に右中間へ一発を許すと「さらに集中力が増した」と語る。藤岡への初球で160キロをたたき出すと、143キロのフォークボールで追い込み、最後は160キロで空振り三振を奪った。「今まで対戦した中で、おそらく一番レベルが高かった。球速よりも空振りを奪えた方に喜びを感じた」と振り返った。

全11球を投じた中で、8球の直球の平均球速は157.5キロに達した。吉井投手コーチは「高校出の投手とは思えないくらい安定している。球速もそうだし、制球も良かった」とうなった。

今後の体調に問題がなければ、週末に予定している紅白戦に登板した上で、開幕前に行われる1軍の練習試合でベールを脱ぐ。「自分が持っている力を出すことに集中する。与えられた課題をクリアして、1軍で投げられるようにしたい」と静かに意気込んだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ヤクルトの嶋基宏捕手=共同

 ヤクルトは12日、嶋基宏捕手が神戸市内の病院で11日に検査を受け「右足舟状骨の骨折」と診断されたと発表した。全治は未定。11日の巨人戦(ほっともっとフィールド神戸)の試合中に痛めた。3月にも練習試合 …続き (19:46)

6回1失点で今季初勝利を挙げた広島・遠藤(12日、ナゴヤドーム)=共同

【広島7―2中日】広島は一回に西川の二塁打で先制し、三回は鈴木誠の適時打で加点。2―1の七回は西川、鈴木誠の連続二塁打などで4点を奪った。 …続き (22:14更新)

阪神の藤川球児投手=共同

 日米通算250セーブまで五つとしている阪神の藤川球児投手(39)が12日、出場選手登録を外れた。球団によると、右肩のコンディション不良のため、再調整するという。今季は開幕から抑えを任されたが、登板5 …続き (18:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]