/

競泳・佐藤翔馬、代表へ自信 200平「2分6秒台狙う」

競泳男子200メートル平泳ぎで、1月に昨夏の世界選手権5位に相当する2分7秒58をマークし、東京五輪出場を目指す19歳の佐藤翔馬(東京SC)が11日、東京都豊島区の所属先で取材に応じ「代表入りには、4月の日本選手権で2分6秒台を狙う必要がある。焦らず泳げば、きっと出せる」と自信をのぞかせた。

練習を公開した佐藤翔馬(11日、東京都豊島区)=共同

リオデジャネイロ五輪代表で世界選手権の表彰台に立った実績がある小関也朱篤(ミキハウス)渡辺一平(トヨタ自動車)らと代表入りを争う。佐藤は「2人は複数のレースプランを持っている」と揺さぶられる展開を警戒し「自分は前半から突っ込むスタイルを崩さず、後半も1分4秒台で泳げるよう鍛えていく」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン