/

ソフトバンク、主催試合を無観客 福岡の緊急事態解除まで

プロ野球ソフトバンクは18日、福岡県に発令されている緊急事態宣言が解除されるまで、主催試合の全てを無観客で開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、感染拡大防止へ、試合開催による人の流れを抑制するための自主的な措置と説明した。

緊急事態宣言の期限となる31日までに、1軍では本拠地ペイペイドームで22、23日のオリックス戦と28~30日の巨人戦の計5試合が予定されている。宣言が延長されれば無観客を継続する。販売済みのチケットは払い戻しする。

プロ野球では12日に政府が宣言対象地域のイベント人数制限を緩和したため、大阪府独自の要請により無観客を継続している京セラドーム大阪以外の球場では観客を入れて開催している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン