その他スポーツ

競歩50キロ、東京五輪が最後に 国際陸連が22年から距離短縮

2019/3/12 13:23
保存
共有
印刷
その他

【ドーハ=共同】国際陸連は11日、ドーハで開いた理事会で2022年から競歩の男子50キロを行わないことを決めた。男女とも10キロから35キロの範囲で2種目とする。五輪で50キロが実施されるのは来年の東京五輪が最後となる。

16年リオデジャネイロ五輪で荒井広宙(埼玉陸協)が銅メダルに輝いた男子50キロは時間がかかることや若者の関心の低さから、一時は東京五輪で除外される懸念もあった。東京五輪では男女の20キロも行われる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

開幕戦に向けて練習するウィザーズの八村=右(21日、ワシントン)=共同

 【ワシントン=共同】米プロバスケットボールNBAの各チームが21日、レギュラーシーズンの初戦に向けたロースター(出場選手)を発表し、ウィザーズはドラフト1巡目の新人、八村塁やガードの中心選手ブラッド …続き (8:34)

 男子テニスの錦織圭(日清食品)のマネジメント会社は21日、負傷していた右肘の手術を22日に受けると発表した。今季は残りの大会に出場せず、休養してシーズンを終了する。5~6月の全仏オープン後から右肘に …続き (1:08)

 日本テニス協会は21日、男子国別対抗戦のデビス杯(11月18~24日・マドリード)に臨む代表選手を発表し、右肘故障で休養している錦織圭(日清食品)が外れ、西岡良仁(ミキハウス)内山靖崇(北日本物産) …続き (21日 21:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]