その他スポーツ

IOC、竹田委員の定年延長へ 20年東京五輪に向け

2017/9/12 12:04
共有
保存
印刷
その他

 【リマ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)が、日本オリンピック委員会(JOC)会長で、日本でただ一人のIOC委員である竹田恒和氏(69)について、原則70歳の委員の定年を延長する方針であることが11日、関係者の話で分かった。五輪憲章は最大4年の延長が可能と定めている。13日にリマで始まる総会で審議される見通しで、正式決定すれば竹田氏は2020年東京五輪まで委員を務めることになる。

 12年にIOC委員となった竹田氏は11月で70歳になり、定年延長がなければ年末に退任することになる。

 五輪憲章は「IOC委員は当該国の国内オリンピック委員会の執行機関のメンバーとなる」と定めている。19年に次回役員改選を迎えるJOCには「選任時70歳未満」の役員定年規定があるが、役員選考では五輪憲章を踏まえる必要があり、過去にも例外的に定年規定を適用しなかったケースがあることから、竹田氏がJOCでも19年以降、引き続き役員を務める可能性が出てきた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

その他スポーツ 一覧

世界選手権の出発セレモニーでポーズをとる、体操男子日本代表の(左から)宮地秀享、安里圭亮、内村航平、白井健三、谷川航、亀山耕平(22日午前、成田空港)=共同

 体操の世界選手権(10月2~8日・モントリオール)に出場する男子代表6人が22日、成田空港から出発し、個人総合で7連覇が懸かる内村航平(リンガーハット)はセレモニーで「体操は注目されているスポーツだ …続き (12:19)

女子シングルス2回戦で勝利した奥原希望(21日、東京体育館)=共同

 バドミントンのジャパン・オープン第3日は21日、東京体育館で各種目の2回戦が行われ、8月の世界選手権女子シングルス金メダルの奥原希望(日本ユニシス)は、同選手権決勝で破ったシンドゥ・プサルラ(インド …続き (21日 21:22)

シングルス2回戦でキャロリン・ガルシアに敗れた奈良くるみ(21日、有明テニスの森公園)=共同

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第4日は21日、東京・有明テニスの森公園で行われ、シングルス2回戦で主催者推薦出場の奈良くるみ(安藤証券)は第9シードのキャロリン・ガルシア(フランス)に …続き (21日 18:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]