/

テニス男子複のメダル確定 パラリンピック

男子ダブルス準々決勝 オランダ組からポイントを奪い、タッチを交わす三木(右)、真田組(12日、リオデジャネイロ)=共同

【リオデジャネイロ=共同】リオデジャネイロ・パラリンピック第6日の12日、ボッチャのチーム(脳性まひ)の日本は決勝で前回覇者のタイに完敗し、同競技初のメダルは銀だった。

競泳は男子50メートル自由形(視覚障害S11)でエース木村敬一(26)=東京ガス=が銀メダルを獲得した。陸上は男子400メートルリレー(切断など)の日本は3位で、今大会の陸上チーム初のメダルに輝いた。

車いすテニスは男子ダブルスで国枝慎吾(32)=ユニクロ、斎田悟司(44)=シグマクシス=組、三木拓也(27)=トヨタ自動車、真田卓(31)=フリー=組がともに準決勝に進み、日本勢のメダルが確定した。女子ダブルスでは開会式の日本選手団旗手を務めた上地結衣(22)=エイベックス、二條実穂(35)=シグマクシス=組が準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。

2連覇を狙うゴールボール女子の日本は準々決勝に進んだ。

日本のメダルは銀3、銅5の合計8個となった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン