/

プロ野球とJリーグ、観客制限の緩和要望 2万人か50%へ

プロ野球とサッカーのJリーグは8日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため9月末まで最大5千人とされている観客数制限について、緩和を求める要望書を西村康稔経済再生担当相に提出した。要望書の中で、上限を2万人か会場の収容人員50%のどちらか少ない方を目安とすることを求めた。

プロ野球とJリーグでは観客のクラスター(感染者集団)が発生していない。プロ野球の斉藤惇コミッショナーは記者会見で「来場者に安全かつ安心な環境を楽しんでいただくためにガイドラインを修正しながらやってきた。それなりに効果が出ている」と話し、段階的な緩和は来年の東京五輪、パラリンピックに向けても参考になるとの考えを示した。

Jリーグの村井満チェアマンは観客の上限緩和の時期について「政府の判断に委ねる。認められるなら9月中でも対応できる」と話した。

プロ野球とJリーグは6月から無観客で公式戦を行い、7月10日に5千人か会場の収容人員50%のどちらか少ない方を上限として観客の受け入れを始めた。政府が当初示した指針では、8月1日に収容人員の50%まで上限を引き上げる予定だったが、感染再拡大を受け、先送りとなっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン