高校野球

夏の甲子園代替大会、茨城・島根も 7~8月で調整

2020/5/26 15:01
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今夏の全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた地方大会が中止となったことを受け、茨城県高野連は26日、独自の代替大会を開催すると決めた。7月11日~8月2日の日程で調整する。

感染防止のため、開会式は行わず、無観客試合を原則とする方針。試合は土日に実施する。榎戸努専務理事は開催の理由について「3年生は今年、1試合も公式戦ができていない。高校野球の区切りとして実施する」と記者団に語った。

島根県高野連も代替大会を開催する方向で準備を進めることを決めた。3会場を用意して7月17日から8月4日で日程を調整。トーナメント方式で主に土日祝日に無観客で試合を実施する方針。開会式は行わず、組み合わせ抽選も責任教師のみが参加する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 日本高野連は1日、大阪市で業務運営委員会を開き、「2020年甲子園高校野球交流試合」の開会式を、8月10日の大会第1日の第1試合に出場する2校で行うことを決めた。
 大会は8月10~12日、15~17 …続き (1日 19:28)

岩手県の北奥地区の代替大会で専大北上と対戦し盛り上がる水沢商ベンチとスタンド(1日午前、しんきん森山スタジアム)=共同

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会が1日、全国の先頭を切って岩手 …続き (1日 12:22)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会が7月1日に始まる。全国に先駆けて …続き (30日 19:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]