/

体操男子、3大会ぶり団体金 リオ五輪

金メダルを獲得し日の丸を掲げて喜ぶ内村ら=写真 柏原敬樹

リオデジャネイロ五輪の体操は男子団体総合決勝が行われ、予選4位の日本は合計274.094点で優勝し、2004年アテネ五輪以来3大会ぶり7度目の金メダルを獲得した。ロシアが271.453点で2位に入り、3位だった00年シドニー五輪以来の表彰台となった。予選1位の中国は271.122点の3位。

日本は1種目目のあん馬で山室光史(コナミスポーツ)が落下し、苦しいスタートとなった。しかし、最年少19歳の白井健三(日体大)が跳馬と床運動で高得点。唯一全6種目に出場したエース内村航平(コナミスポーツ)や、5種目出場の加藤凌平(コナミスポーツ)も安定した演技でチームを引っ張った。先行したロシアは終盤2種目で得点が伸び悩み、3連覇を狙った中国もミスが目立ち、最終的には大差がついた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン