サッカー

バルセロナが初の1位 18~19年、世界クラブ収入ランク

2020/1/14 13:27
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】国際的な監査法人デロイトは14日、世界のサッカークラブの2018~19年シーズン収入ランキングを発表し、スペイン1部リーグを制したバルセロナが8億4080万ユーロ(約1026億円)で1996~97年の統計開始以来、初めて1位となった。

前年トップのレアル・マドリードが7億5730万ユーロで2位に後退した。イングランド・プレミアリーグからは3位にマンチェスター・ユナイテッド、6~9位にマンチェスター・シティー、リバプール、トットナム、チェルシーが続いた。

4位バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、5位パリ・サンジェルマン(フランス)、10位ユベントス(イタリア)と、欧州主要リーグの優勝チームがトップ10に入った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア選手権第12日は22日、バンコクなどで準決勝が行われ、韓国とサウジアラビアが上位3チームに与えられる五輪出場権を獲得した。韓国は9大会連 …続き (0:47)

 【バンコク=共同】タイ・サッカー協会は22日、同国代表の西野朗監督との契約を2年延長することで基本合意したと明らかにした。24日に正式契約を交わす。
 西野氏は前日本代表監督で、昨年7月にタイ代表監督 …続き (0:47)

 元日決勝だった天皇杯全日本選手権で初優勝したJ1神戸が22日、神戸市内で始動して約1時間、ミニゲームなどで汗を流した。昨季8位だったリーグ戦と初めて出場権を手にしたアジア・チャンピオンズリーグ(AC …続き (22日 18:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]