/

巨人、桑田コーチが初の打撃投手 52歳と思えぬ速球

巨人の桑田投手チーフコーチ補佐が23日、那覇市でのキャンプで初めて打撃投手を務めた。浦添市でのヤクルトとの練習試合に同行しなかった選手の居残り特打で、丸に56球。52歳とは思えない速球でバットを差し込む場面もあり「道具を使うのは何歳になってもできるが、走ることと投げることはできなくなる。一年でも長く投げて指導したい」と語った。

キャンプで初めて打撃投手を務めた巨人の桑田投手チーフコーチ補佐(23日、那覇)=共同

マウンドではなく、傾斜付きの台の上からの投球だったが、次第に力が入った。ボールになったのは10球だけで、自慢の制球力は健在。「楽しいですよ。僕は野球をプレーするのが一番好きだから」と笑った。

打撃投手だけでは物足りず、特打後は捕手を座らせて熱のこもった投球練習を行い、選手がグラウンドからいなくなると、外野を黙々と走り込んだ。「僕はこつこつ積み重ねるのが大好き。もうちょっと精度は良くなると思う。まだ7割くらい」と現役選手のような口ぶりで話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン