/

ボクシング、試合中止 選手とセコンドがコロナ陽性

日本ボクシングコミッション(JBC)は13日、同日に東京・後楽園ホールで行われる興行の8回戦に出場予定だったRK蒲田ジム所属の石川春樹選手(21)と40代の男性セコンドが新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したため、試合を中止すると発表した。

2人は無症状で同日に再検査を受ける予定。興行は他の出場選手や関係者らが抗原検査で陰性だったため、実施する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン