/

大関・貴景勝が休場 初場所、関取17人休場は戦後最多に

大相撲の東大関貴景勝(24)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、常盤山部屋=が初場所10日目の19日、休場した。昨年11月場所で2度目の優勝を果たしたが、今場所は初日から4連敗を喫するなど9日目まで2勝7敗と不振。師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)によると、3日目の北勝富士戦で左足首を痛めていたという。十両以上で17人目の休場者で、2002年名古屋場所の16人を上回り戦後最多となった。

今場所は新型コロナウイルスの影響で横綱白鵬を含め初日から関取15人が休場し、横綱鶴竜もけがで不在。初の綱とりで場所前から注目された大関の休場で、緊急事態宣言下での土俵はさらに寂しくなった。

貴景勝は負け越しが決まり、春場所(3月14日初日・エディオンアリーナ大阪)は3度目のかど番となる。休場は昨年7月場所以来で6度目。10日目の対戦相手、隠岐の海は不戦勝。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン