/

ラグビーTL、開幕2試合中止 コロナ感染者多数

日本ラグビー協会は12日、16日に開幕するトップリーグ(TL)で初日に行われるサントリー―トヨタ自動車(愛知・豊田スタジアム)と、17日のキヤノン―リコー(東京・駒沢陸上競技場)の2試合を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染者が多数出たためで、陽性の人数はキヤノンが24人、トヨタ自動車が13人、サントリーが7人。試合は引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が与えられる。

今季は第1ステージで16チームが2組に分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を実施。全てのチームが進む第2ステージを経て8チームによるプレーオフを実施する。サントリー―トヨタ自動車は約1万枚、キヤノン―リコーは約8千枚のチケットが既に売れ、払い戻しを実施する方針。

サントリーには2019年ワールドカップ(W杯)日本代表のSH流大選手ら、キヤノンにはSO田村優選手ら、トヨタ自動車にはSH茂野海人選手らが所属している。TLは昨年、新型コロナの影響でシーズン途中で中止となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン