/

広島ドラフト1位の加藤「けがなく1軍で」 入団発表で抱負

広島の入団記者会見で緒方監督(中央)を囲んでポーズをとる(前列左から時計回りに)加藤拓也、床田寛樹、アドゥワ誠、長井良太、坂倉将吾、高橋昂也の各選手(13日、広島市)=共同

広島は13日、広島市内のホテルで新人6選手の入団発表を行い、ドラフト1位の加藤拓也投手(慶大)は「真っすぐで、力で押していく投手。マウンドで存在感を出していきたい。まずはけがなく1年間、1軍で投げ続けることが目標」と引き締まった表情を見せた。リーグ連覇を目指す緒方孝市監督は「来季戦う上で非常に楽しみな選手が増えてくれた。今の言葉、今の気持ちを持ち続けて、プロでの生活を送ってほしい」と期待した。新入団選手は次の通り。

ドラフト1位 加藤拓也投手(21)=慶大、175センチ、90キロ、右投げ右打ち、背番号13▽2位 高橋昂也投手(18)=埼玉・花咲徳栄高、181センチ、86キロ、左投げ左打ち、34▽3位 床田寛樹投手(21)=中部学院大、182センチ、74キロ、左投げ左打ち、28▽4位 坂倉将吾捕手(18)=東京・日大三高、177センチ、82キロ、右投げ左打ち、61▽5位 アドゥワ誠投手(18)=愛媛・松山聖陵高、196センチ、80キロ、右投げ右打ち、48▽6位 長井良太投手(17)=茨城・つくば秀英高、181センチ、77キロ、右投げ右打ち、65〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン