/

広陵・中村選手、大会新の6本塁打 清原氏の記録更新

高校野球

100年を超える高校野球の歴史に新たな一ページが書き加えられた。22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた全国高校野球選手権大会で、広陵(広島)の中村奨成が天理(奈良)との準決勝で2本塁打を放って今大会6号とし、"怪物"と呼ばれたPL学園の清原和博が1985年にマークした1大会個人最多本塁打の大会記録を更新した。

中村は中京大中京(愛知)との1回戦で2本塁打を放ち、2回戦の秀岳館(熊本)、3回戦の聖光学院(福島)と3試合連続で本塁打を記録。この日は一回にバックスクリーンへ先制の2点本塁打を放ち、大会最多に並んでいた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン