/

早大・早川「球界代表する投手に」 楽天ドラ1、指名あいさつ

楽天からドラフト1位で指名された早大の早川隆久投手が10日、東京都内の同大で石井一久ゼネラルマネジャー(GM)らの訪問を受けた。あいさつ後にオンライン取材に応じ「新たな一歩を踏み出して、スタートラインに近づいていると感じている。球界を代表するような投手になれれば」と意気込んだ。

楽天からドラフト1位で指名され、石井一久GM(左)から「交渉権確定」の当たりくじを手渡される早大の早川隆久投手(10日、東京都内)=球団提供・共同

4球団が1位指名で競合したように1年目から2桁勝利を期待されている。日米通算182勝を挙げた石井GMと同じ本格派左腕。「GMさんと投球スタイルが似ている中で自分も積極的な投球を目指したい。どのようにやれば長くプロ野球生活を送れるかを聞いてみたい」と目を輝かせた。

石井GMも入団後は積極的にコミュニケーションを取り、将来のエースに育成したい考えで「世界を代表する選手にもちろんなってもらいたいが、その前に先を見据えず、一歩一歩、足元を見てスキルアップしていただければ」と優しく話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン