/

フィギュア紀平「うれしさ抑え次へ」 GPデビュー2連勝

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フランス杯でGPデビュー戦からの2連勝を飾った女子の紀平梨花(関大KFSC)が27日、関西空港に帰国し「うれしさもあるが、それを完全に抑えて次の試合に向かっている感じ」と心境を語った。

フランス杯では、時差ぼけによる疲労からフリーの構成を急きょ変更した。GPファイナル(12月6~8日)が行われるカナダ・バンクーバーも日本とは大きな時差があり「できるだけ遅く寝て遅く起きる。昼寝もしたい」と対策を語った。

GPファイナルではアリーナ・ザギトワらロシア勢との対決が注目されるが「点数だけ見れば、全然たどり着いていない。ノーミスでできれば十分」と謙虚に話した。

フランス杯2位の三原舞依(シスメックス)も同便で帰国し「梨花ちゃんとワンツーフィニッシュができてすごいうれしい。いい経験ができた」と手応えを示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン