/

八村、NBAオープン戦に先発 21分プレーで12得点

【ワシントン=共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのドラフト1巡目新人、八村塁が7日、本拠地で行われたニックスとのオープン戦初戦に先発し、約21分のプレーで12得点、4リバウンドだった。試合は99-104で敗れた。

八村は6月のドラフト会議で日本人初の1巡目指名を受け、ウィザーズに入団。7月には若手中心のサマーリーグに出場し、この試合が初の主力選手との対戦だった。ウィザーズはオープン戦を5試合行い、23日にマーベリックスとのレギュラーシーズン初戦に臨む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン