/

巨人・堤GM退任へ、成績不振で 後任候補に鹿取氏ら

プロ野球巨人の堤辰佳ゼネラルマネジャー(GM)が成績不振の責任を取って退任する方向であることが13日、関係者の話で分かった。事実上の更迭で同日、開かれる球団の株主総会と取締役会で決定後に発表される見込み。後任には球団OBの鹿取義隆GM特別補佐らが候補に挙がっているとみられる。

巨人は山口俊、森福允彦両投手、陽岱鋼外野手の3人を同時に獲得するなど積極的な補強で3年ぶりのセ・リーグ優勝を目指した。開幕5連勝するなど好調なスタートを切ったが、期待のFA組が故障などで出遅れたこともあり、5月25日から6月8日まで球団ワースト記録となる13連敗を喫し、セ・リーグで5位と成績が低迷している。

堤GMは読売新聞東京本社運動部長から2015年5月に就任した。新たに3軍を設置して育成に力を入れ、慶大野球部の後輩にあたる就任2年目の高橋由伸監督をサポートしてきた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン