2018年7月20日(金)

ラグビー

帝京大と明大が決勝進出 ラグビー大学選手権

2018/1/2 16:51
保存
共有
印刷
その他

 ラグビーの全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝2試合が行われ、9連覇を目指す帝京大(関東対抗戦1位)と21大会ぶりの優勝を狙う明大(同2位)が決勝に進んだ。

 帝京大は2大会連続準優勝の東海大(関東リーグ戦2位)に31―12で快勝。前半は14―7と苦しんだが、後半の2トライで突き放した。

 明大は大東大(関東リーグ戦1位)から後半に5トライを奪う猛攻で、43―21で逆転勝ちした。

 決勝進出は帝京大が10大会連続で、明大は19大会ぶり。決勝は7日に秩父宮ラグビー場で行われる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 来年9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会のボランティア募集が、18日で締め切られた。全国12の試合開催自治体で活動する約1万人を4月から大会組織委員会の公式サイトで受け付けていた。 …続き (19日 10:00)

 7人制ラグビーのワールドカップ(W杯)が20~22日に米サンフランシスコで開かれる。男女の日本代表は過去最高の8強を目指す。楽な目標ではないが、実現できれば、2020年東京五輪のメダルへ視界が開ける …続き (17日 15:30)

 ラグビー、トップリーグの神戸製鋼に加入した元ニュージーランド代表のSOダン・カーター(36)が16日、神戸市内のホテルで記者会見し「神戸製鋼は歴史があるチーム。経験を生かして優勝に貢献したい」と抱負 …続き (16日 18:01)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]