/

J1名古屋、会長に豊田章男氏 トヨタから初

(更新)

サッカーのJ1名古屋の会長にトヨタ自動車の豊田章男社長(58)が就任することが、14日明らかになった。16日に開催されるクラブの株主総会取締役会で正式承認される。現会長の三田敏雄・中部電力会長(68)は退く。メーンスポンサーであるトヨタ自動車から会長を迎えるのは初めて。

名古屋は久米一正ゼネラルマネジャー(59)が16日付で新社長に就任することが固まっている。現場を知るクラブ初の常勤社長の誕生と豊田氏の会長就任で、連携強化、意思決定の円滑化を図るのが目的。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン